そもそも、一括申請ってなに?

社会保険・労働保険関係手続の申請データ作成仕様を基づき、複数の申請を一括して送信することのできるe-Gov電子申請システムの機能です。

一括申請以外のフロー

一括申請以外のフロー

従来の手書きや給与計算ソフトウェアを使った申請書類の提出、e-Gov電子申請システムでの通常申請の際に負担となっていた作業が軽減できます。

メリット

・誤記入の防止

・既存データの活用が可能

・インターネット経由で24時間受付

デメリット

・別途対応したソフトウェアが必要

・すべての申請に対応しているわけではない


Peaplとは?

≪Packaged E-Application≫
e-Gov電子申請システムの一括申請機能から申請するための「申請・届出データ」を作成するツールです。

一括申請のフロー

一括申請のフロー
紙申請 電子申請(通常) 一括申請(Peapl使用)
24時間受付 ×
受理確認
既存データ活用(LIMS) ×
既存データ活用(その他) - × ※1
申請データの管理 × ×
再申請 ×
提出 各種窓口 ブラウザ(e-Gov) ブラウザ(e-Gov)
※1 会社情報、社員情報のCSVインポート可能

登録データ・既存データの活用

会社、社員、申請者の登録が可能。
また、LIMSや一括有期事業報告書作成システムとの連携も。

入力作業が軽減

申請データ作成時に選択するだけ。

会社、社員、申請者は、Peaplに登録することが可能です。
申請データの作成時に何度も入力する必要がなく、作業の軽減が図れます。

詳しくはこちら

LIMSデータ等も活用可能
クリップボード経由でらくらく貼り付け。

LIMSや一括有期事業報告書作成システムに登録済データをクリップボード経由の貼り付けすることで、素早くて正確なデータが作成可能です。

詳しくはこちら


MasterImporter

会社、社員の登録はMasterImporterで。
LIMSの会社マスタ・社員マスタも簡単に取り込めます。

LIMSデータはもちろん

CSV形式の取り込みにも対応。

MasterImporterはPeaplの付属ツールです。
既存データを簡単に取り込めるので、面倒な登録をする必要はありません。

詳しくはこちら

リンク